acoustic_piano_in_blue’s diary

マンションでピアノは弾ける?

マンションでピアノ防音室は?アコースティックエンジニアリング

     少し加筆しました。新しい記事は、下のリンクから「ピアノの重低音の凄さ!」です。

 お時間のある時など併せてご覧くださいね。

 

   ピアノを弾く方、これから始める方、

  実家で練習してて、音大に合格して上京したりして

環境が変わる方。

  

   マンションでピアノが弾けるのか、気にしてる方が多いと思います。

  わたしは、自宅なので問題無いですが、

 知人がこの問題を気にしてたので、調べてみました。

 

 大学時代の友人が大手不動産会社に居るのを思い出してきいてみたところ、

  音楽家用に最初から作ってあるマンションなら可能とのこと。

  また、多くの防音会社が「マンションのピアノ防音室作ります」と言ってますが、最初からピアノを弾く部屋として

建設されてない場合、相当難しいようです。

特に技術不足の防音会社が、簡易な防音施工を施して

問題になってる場合が増えている様です。

 

 音大生向けマンションなどは、かなり前からありますが、

 24時間大丈夫な物件が多い?ということもないようで

  やはり深夜は禁止のマンションも多い様です。

 

 個別に、不動産情報をていねいに探せば、

ドラムが叩ける 家族も一緒に住めるマンションなどもあるようですが

 下の階が、大手ファッションセンターの売り場であるなどの特殊な条件が可能にした稀な例かもしれません。

 

  まず、賃貸マンションの場合、勝手に防音工事をしたりは

許されませんので、どうしてもという場合は

 

防音工事の必要無い、組み立て式タイプが思いつくかもしれませんが、

 

 ヤマハやカワイ(最高ランクでDr−50)、高橋建設、

若林音響(最高Dr-55)など。

 

しかし、こういう組み立て式の防音室設置でも、

もちろん「ピアノ可」のマンションでないとダメなのは

 ご理解くださってると思います。

 

 さて、しかし

こういう組み立て式防音室を使って、マンションで

 かなり熟練したピアニストの方がグランドピアノを弾けるかといえば?

 両隣の方、階下、階上の方々と綿密なうち合わせ、

 演奏時間帯申し合わせなどが無い限り、制約を感じるとおもいます。

「深夜は勘弁して欲しい」と言われる場合が多い様です。

 つまり、

しっかり聞こえてるけど、昼間は我慢してくれてる

という事でしょう。

 

 

  (ピアノ可の)分譲マンションで 何の防音対策もしてない場合、

 お子さんのアップライトピアノの練習でも、

 (ピアノ練習可能の規則の時間帯を守ってても)

 かなり上下の部屋の方は気になる様です。

 

 なので大人が、しかもグランドピアノとなると、

 防音対策無しでは絶対無理、そして

 組み立て式の防音室では?かなり疑問です。

 

 分譲マンションではどうか?についてさっき書いた

昔の同級生の話しでは、

分譲だからといって、入居後にどんな防音施工でも許されるという事は無い。

 

 とにかく言えるのは、

 1つ1つのマンションによってそれぞれ条件が異なるし、

 もし、防音工事を許されたとしても

 管理組合(マンション住人の方々の組織です)に詳細に

 どう言う防音会社でどう言う施工をして、期間はどのくらい?

 どう言う性能が出るか?

 完成後も、どの時間帯でピアノを弾くかなど、

  許可を得られなければ、(分譲マンションであっても)

  施工さえ難しい可能性もある。とのことです。

  分譲と言えど「集合住宅」ですから、

周りの住人に配慮出来ない方は嫌がられてしまうのですね。

  最近の分譲マンションは、下の階への「コツン」とかの衝撃音で迷惑をかけない様に、空気層をいれた

 浮き床になってる物件もあるそうですが、その元々の

浮き床の性能より、確実に性能が上がる施工なのか、

 厳しく審査される様です。

 

 ただし、

その友人は、旧財閥系の大手の不動産会社なので

 特に、コンプライアンスが細かいのかもしれません。

 

 もっとゆるい制約の場合も無いとは言えません。

 

 

 あなたが角部屋で、隣接してる側の住人や階下の方が

 寛大な、そして音に神経質でない

  高齢のご夫婦である場合など、

 「全然気にならないわよ.遠慮なくどうぞ」と言ってくださる場合などもあるかもしれません。ラッキーな例です。

 

 最上階の部屋で、下の階が、オフィスだったりしたら

 逆に夜間なら遠慮なく弾けたりする場合もあるかも?

 一件ずつ、条件は様々なので

  丁寧に物件探しをするのも大事です。

 

 しかし、覚えておくべきなのは、まず賃貸マンションに防音工事は出来ない、ということです。

 

 音大生、コンテストを目指すとなればグランドピアノでなければ意味が無いでしょうが、

 防音施工をしていても、規約の時間を守らなければ

 無理だと思います。

 

 音楽や楽器に造詣が深く無い防音業者さんに依頼すると、

そういうことを一切考慮してもらえない事も多く、

大金の投資が無駄になって苦しんでる方は

大変多い様です。

 

 

  知り合いの音楽の仕事をしてる友人は

 防音施工はほとんどしてませんが

 自宅の他に、周りに家が建ってない、ポツンと

 離れた場所に一件だけ建ってる古い一軒家を借りて

 その一軒家で仕事をしています。

  音が漏れても、周りに迷惑がる人が居ないので大丈夫という事です。東京でもそう言う物件はあるんです。

 

  気にしないでピアノを弾くなら、思い切って住み替え!が

  最大の正解かもしれませんね。

 

  参考までに。

 

     防音業者さんたち

リットーから出てた防音についての本の資料から

引用させていただきます)

 

日本板硝子環境アメニティ 

  誰もが認める老舗の大手の防音会社です。

   旧日東紡とならんで二大巨頭。防音施工のみならず

  防音ガラス、防音ドア、なども自社で開発する会社です。テレビ局のスタジオなども。

 

日本音響エンジニアリング

日東紡音響エンジニアリングさんといったほうがわかりやすいでしょうか)

日本で一番実積がある会社と考えてる方が多いかも。

防音会社としては最古参。

ソニー東芝、コロンビアなどのメジャーレコード会社スタジオ、メジャーアーティストが利用する最高ランクの様々なレコーディングスタジオも数多く施工。とにかく数多くの実積)自宅の小さなピアノ室も作ってくれます。

 

余談ですが、大手レコード会社のエイベックスの

いくつかあるスタジオの一番古いスタジオは

この会社が作ったもので、今も使われています。

 

※ソナ

エイベックスのそれ以外のスタジオは全て「ソナ」さんという会社が作りました。大変優秀な会社です。

ユーミンさんが多くの作品を録音した、

超一流レコーディングスタジオ=音響ハウスや、

数々の大手レコード会社のスタジオも手がけて来た会社です。

 センスの良い、技術の高いお仕事は高く評価されています。

 

 

高橋建 

 下請け業者を一切使わず、社員が全て施工すると言う

老舗の会社。

 ソニー系のスタジオもいくつか手がけて来た会社。

 「24時間、気にしないで音楽を出来る」が売りの

音楽家用マンション=ミュージションを手がけてる会社。

 

ヤマハ 組み立て式以外にも自由にデザイン出来る施工もやってくれる様です。なんといっても長年にわたり

ピアノ自体を製作してる会社ですから、ピアノ、音響を知り尽くしてる会社です。

 

若林音響 サザン桑田さんの自宅スタジオ、アルフィー高見沢さん自宅スタジオ、B'zのプロダクション「ビーイング」のバードマンスタジオなどを手がけた防音会社。

 

アコースティックエンジニアリング

   日本の防音会社でただ一社、日本工業規格以外の

自社独自の防音規格を採用する会社。

 防音工事完成後の性能測定は、別の専門業者に依頼した方が安心という声が聞かれます。心配ですね。

この会社についてのブログなどは印象のいい、この会社を推薦する様なブログが検索で上位に来る様です。

 ヤフーやgoogle

アコースティックエンジニアリング  ブログ

で検索してみると、発見があるかもしれません。

 

 

 

     

     

★とても気になる、考えさせられるピアノブログです★

 

 失敗しないピアノ防音室施工

http://ameblo.jp/kotodamaexalts/entry-12227673645.html


ピアノ室防音工事業者にだまされないための方法
http://ameblo.jp/bouonkouji/

 最初は怖いと思いました。

でもよく読むと、とても胸が痛みます。

 ::::::::::::::

 追加です。

このブログと少しコンセプトが似てる?

「木造でドラム練習室?」って言うブログです。

ドラムだけでなくピアノの話題もかなり出て来るので

参考になります。

 

★木造にドラム練習室?

http://acoustic-biwa.hatenablog.com/entry/アコースティックエンジニアリング_1